車査定〜事故車の場合〜

車査定〜事故車の場合〜

長くクルマを運転していれば、いろいろなことに出遭うことは致し方ありません。 場合によっては、自ら事故を起こしてしまうことも、またいわゆる「もらい事故」と呼ばれる被害者の立場での事故を経験することもあるでしょう。 ところで、不幸にもそのような事故に遭ってしまったクルマは、乗り換えなどを検討している場合の買取における車査定で、きちんと取り扱ってもらえるのか、不安に思われる方も多数いらっしゃることと思います。

事故に遭ってしまった時、修理代が高くつく場合には保険金を頭金として買い換えをすることもありますが、それほどでなければ通常は保険を適用して破損や故障した部分を修理します。 この時、ボディやドア、バンパーなどは新品のものと換えられることになる場合が多いため、見た目では事故車だとは判らなくなることもあります。 しかし、たとえ弱い衝撃であっても、衝突したことによって思わぬ箇所が歪んでしまっているということはよくあります。 これは、素人は見ても分からないでしょうが、プロには見抜かれてしまいます。

それでも事故車は事故車として、車査定の後、販売が可能であれば査定額は下がったとしても買い取ってくれます。 クルマそのものでの販売が難しくても、傷んでいないパーツを中古パーツとして流通させることが可能であれば、査定額はかなり下がってしまうでしょうが、やはり買い取ってくれるのです。 従って、事故車だから断られるかも、と不安になる気持ちは分かりますが、きとんとその旨を伝えることで、ある程度の価格で買い取ってくれるはずですから安心して下さい。

事故車を專門としている買取店であれば、額はともかく必ず買い取ってくれるはずです。
また、軽微な自損事故などで、多少見た目は悪くなっても、運転をする上で問題が無いという理由で、キズやへこみをそのままにしておくというケースもあります。 この場合は、誰が見てもキズやへこみは分かってしまうことになりますが、敢えてそれを修理せずに査定に出すことをおススメします。 多少修理することで再販できる場合は、きちんと買取査定を行なってくれます。


廃車の方法